« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月21日 (月)

グルメ大島?!

Photo_2

行ってきました、冬の大島!
連休の翌週だけあってビーチはほぼ独占…!
透明度もいいこの時期は一泊でも行きたい伊豆大島!

今回もたっぷり大島を満喫です。
秋の浜ではおなじみチビカエル!

まだいますねぇ…こんなにちっこいのにひとりで大島の海で生き抜いて…なんてカワイイ…。
今回のフォト派垂涎ポイントは野田浜でしたね~♪

白タツ2匹は魅力的…!

Photo_3

さらに近くにいてくれたサラサゴンベの幼魚は今だからこその綺麗さ!

写真は今回も参加されたお客様から拝借…いつもありがとうございます!

陸上のグルメも今回は一泊なのに充実でしたね!
やはりデラモンは外せません!
「デラモンあるだけクダサイ」言ってみたかった一言をついに言えました~♪

参加された皆さんのおかげで大変楽しく盛り上がったツアーとなりました!ありがとうございました~!
また冬の大島でがっつりのんびりしましょう!

石橋

|

2011年2月16日 (水)

赤道直下!ボルネオ旅行記!

Img_5334_3

Img_5360_2

こんにちは、山口です。連休中はsnowで、春らしかったsun陽気も、すっかり冬に逆戻りですね。

そんな中、我らがボルネオ探検隊はマブール島に滞在し、3日半でボート、ビーチ合計14本のダイビングを楽しんで参りました!good

大物三昧のシパダン島は環境保護recycleの為、年々入島制限が厳しくなっておりますが、今回はしっかり2日間、潜りましたよ~。そしてこの群れ~pisces、群れ~pisces、群れ~pisces

Img_5433Img_5361

初日のシパダンからバラクーダやギンガメアジ、マダラタルミの大群に囲まれ、周囲を見渡せばウミガメ、ホワイトチップシャークにグレイリーフシャークがグルグル泳ぎ回る中を潜りました。そして3日目はearly morning(要は早朝)でカンムリブダイ狙い!もう目を覚ましていたので、いつもの場所にはいませんでしたが、ドリフト中に遭遇!バラけてはいましたが、100匹を超える大きな群れ~scissors やっぱりシパダンは凄い!

シパダンというと大物の印象が強いですが、マクロに関しても世界屈指のポイントです。今回のHITはヘルフリッチ!僕のお気に入りのお魚ですheart01 マブール・シパダン界隈では10年振りに近い登場だそうです。Lucky!punch その他、アケボノハゼ、ニチリンダテハゼ、アオマスクと探せば探すほど出てきます、生物が。

Img_5533

そしてマブールでは完全なマクロダイビング。マンジュウイシモチ、ピグミーシーホース、クダゴンベ、30㌢サイズのオオモンカエルアンコウ、各色のハナヒゲウツボにウミテング。その他、言い出せばキリがない位note 甲殻類やウミウシも豊富で、コロールアネモネシュリンプ、バブルコーラルシュリンプ、ナマコマルガザミなどなど。

Img_4918

当初危惧されていた天候も、雨にたたられることもほぼなく、快晴続きで最Img_5510高の5日間でした。羽田に着いた時の大雪sign03には誰もが驚かされましたが。

今回、御参加頂いた皆様、本当にありがとうございましたhappy01 そして、今回Img_5375のツアーで100本を迎えられた末森さん、200本を迎えられた間垣さん、おめでとうございましたbeer

そしてこれぞ、one of the best famous diving sight in the world!を堪能して頂けましたでしょうか?撮影した写真でアルバムを作りたいと思いますので、ぜひいい写真を御提供下さい。そして近いうちにまた開催したいと思いますので、皆さん、奮って御参加下さいね~。

ということで、簡単ですが山口のボルネオ旅行記でした~good

Img_5492_2

Img_5454

|

2011年2月11日 (金)

冬の伊豆の魅力!

こんにちは!大角です。

ここ最近の伊豆の海、皆さん、御覧になりました?

え!?御覧になってない??

いや~、もったいない・・・。

今年も伊豆の冬はアツイ!

透明度は20~30m!!カエルアンコウ各種、ウミウシ各種

ソフトコーラルもいっぱい!!

そこで最新の伊豆の海をご紹介すべく、ワタクシ大角、

スライドショーを開催します♪

☆2月16日(水) 19:30~ パパラギ新宿店にて☆

会費は驚きの無料!!

ご予約頂けると嬉しいです♪

電話 03-5332-3224

E-MAIL shinjuku@papalagi.co.jp

皆様からのご連絡、お待ちしてまーすヽ(´▽`)/

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »